光回線のデメリット

光回線のデメリット

光回線デメリット

光回線のデメリットは月額料金の高さです。

 

回線費用とプロバイダー費用で月に7,000円〜10,000円というのが一般的なレベルではないでしょうか。

 

また、新規で契約する場合、工事完了日まで一か月ほどかかることもあり、引っ越しでインターネットを変更することがありますが、こような時は結構、不便なものです。

 

それに比べて、無線系のインターネット回線が光回線を凌駕しような動きはありました。

 

単身赴任者、学生という一人暮らしの所を中心に月額料金の安い特徴を活かしてのことです。しかも工事不要で端末が届いた、その日から使うことができます。

 

このようなことから、光回線は月額費用が高いということで、一時的な普及が停滞していたと考えられています。

 

しかし、この状況も少しずつではありますが、変化している感じがします。それは、光コラボーレーションモデルという光回線のメニューが出てきたからです。

 

これはNTTノフレッツ光を他の回線業者が付加価値をつけて扱っているのですが、月額料金はこちらの方が安いのです。

 

しかも、扱う会社の付加価値メニューもセットにてのサービスですから魅力があることは間違いなしです。映画、VODといったような動画メニューなどが付加価値サービスです。

 

Wifiという無線系のサービスが出てきて、モバイルインターネットにウエートがシフトしていたのですが、最近は固定系の光回線、モバイル系のWifiの棲み分けも段々と明確になってきて、光回線のデデメリットのハードルが低くなっている感じはあります。

 

インターネット始めたいTOP